【会員募集中!】2021年ファーム伊達家 旬の野菜セット

(お届け期間や代金の詳細はページ下部のリンクからご覧ください。)

2021年、ファーム伊達家は藤野に移転して4年目のシーズンです。

「旬の野菜セット」は17年目となります。今年もおいしいお野菜をお届けしていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

【寛記】
昨年から続くコロナ騒動、まだ終わりが見えませんね。日々の暮らしや仕事に影響を受けている方も多いと思います。この先どうなるのだろう、という不安もあるかもしれません。

この1年、この状況を踏まえて、自分はどう過ごしていくのか、折に触れて考えてきました。そして、一つの考えがまとまりました。

「家族で食べる野菜を作って、届けたい」

ファーム伊達家の野菜を手にした方が、どんなふうに食べようかなとワクワクしながら持ち帰り、料理して、家族の食卓で美味しいねと言いながら、子どもたちは奪いあいながら(笑)食べる、そんな野菜を作っていきたいという思いを強くしています。

ファーム伊達家の「家」には、「家族と家族のつながり」という意味を込めています。「旬の野菜セット」は、会員さんを募って直接お届けしていく形を16年間続けてきました。そして、単に野菜を届ける、食べるだけではなく、おたより「ようこそ畑へ」を添えたり、直接お会いした時におしゃべりしたり、メールなどでやりとりするなどのつながりも大切にしてきました。

どんな状況であれ、人は「食べる」という行為を毎日続けていきます。そこで欠かせないのは「美味しい」ということだと思うのです。

自然栽培創始者の岡田茂吉さんは、食べ物には「味わい」が含まれており、人間には「味覚」が備わっており、味わって、楽しんで、食べることによって生が営まれる、と言っています。「おいしいものを味わって食べる」ことがまず何よりも大切なのだと思います。

農業を生業としているものとして、「美味しいものを作り、届ける」ために、自然栽培(無肥料栽培)や自家採種に取り組んでいることを、自分の中で改めて明確にして、家族で「おいしいね」と食べていただけるよう取り組んでいきます。

2021年、おいしい野菜を、一緒に楽しんでいきませんか?「旬の野菜セット」へのお申込み、心からお待ちしております。

【愛子】
今年の冬は寒さが厳しく、そしてコロナの生活が約1年となりましたがいかがお過ごしでしょうか。私達農家は、畑を耕し、種をまき、お野菜の成長のお手伝いをして、実りを皆様にお届けして、と生活スタイルは変化のないほうかもしれませんが、他の部分の様々なことが、今まで通りにいかないことがありました。

この状況の中で「私はどうあるべきなのか」をぼんやり考えるようになりました。コロナ禍に加えて、子育てが一段落というのもあります。

昨年度の農作業イベント「土・種・人」もコロナの状況を鑑みて、中止や時間短縮の回もあったのですが、開催できた時、採れたてのお野菜やその時期のスイーツを召し上がっていただきました。ありがたいことに参加していただいた皆さんには美味しく食べていただき、私が嬉しくなりました。思い返すと私がまだ20代のころ、農家さんに行って、食べたことがないお野菜や知らない調理方法のお野菜をいただいて感激して元気をもらっていました。改めて、「食べる」ことは身体が喜ぶのはもちろんですが、やる気がでるような、次のステップに進めそうな、心もパワーアップすることだと思いました。

また、昨年の野菜セットをお届けする中で「届いた野菜をどう美味しく無駄なく料理するか」と作ることに意欲を燃やしていた方、「家族で毎回感動しながら食べてます」と家族で共有している方、「作る」も「食べる」もファーム伊達家の野菜で感激してくださって、私達も感激しました。

「作る」「食べる」ことをもっと楽しく深めて、これからも美味しいお野菜になるために成長のお手伝いをしていき、ようこそ畑へやインスタグラムにレシピを載せたり(無理のない範囲で…)、皆さんから美味しいお話を聞かせていただければと思っています。

詳細は下記リンク先をご覧ください。

お申込み、お問い合わせはこちらから。