ファーム伊達家のお豆たち

【いんげん系のお豆、お世話完了】

ファーム伊達家ではいんげん系のお豆を4種類作っています。

36858963_857439694456494_5639631117251248128_n

豆で食べる

● 前川金時(写真左上)
一時栽培面積が大きく減り、幻の金時と言われていたようですが、最近はそうでもないみたいで、ネットで検索すると「幻」がたくさんヒットします(笑)。僕が一番好きなお豆です。甘く煮たり、豆ご飯でいただきます。

●虎豆(写真左下)
見た目可愛く、皮が薄く食べやすいお豆です。

さやで食べる

●マンズナル(写真右上)
「たくさんなる」という東北弁?がそのまま名前になっています。発音するときは「ン」をためると、それっぽく聞こえます。

●しまいんげん(写真右下)
品種はわかりません。緑のさやに黒い縞(しま)模様が入るので、ウチではそう呼んでいます。妻の実家の家庭菜園でおばあちゃん、お母さんが作り続けてきて、妻に受け継がれ、ファーム伊達家のお豆になりました。

畑を耕し、種をまき、草取り・土寄せ、支柱を立てる、これがお世話の全工程です。
あとは、収穫まで時々見に行って見守るだけです。

36933720_857439114456552_6245525903204417536_n

こうしてみると、僕がお豆にしてあげられることはそれほど多くはありません。豆は豆の力で育ってくれています。「余計なお世話」をする余地はありません。

秋になったら収穫して、乾燥、脱穀(お豆をさやから取り出す)、袋詰め、販売、一部は種として残して、来年また、畑を耕し、種をまき・・・と同じお世話の繰り返しです。これまでもその繰り返しでした。

豊滝の畑で無肥料無農薬で採り続けてきた種(お豆)が藤野の畑でどのような姿を見せてくれるか楽しみです。

36935735_857439577789839_5765391285846278144_n
前川金時です。支柱を立てた翌朝にはつるが巻きついていました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください